ポジショニング

サッカーでシステムを組む際に重要なポジショニングについて

サッカーでシステムを組む際に重要なのは、やはりポジショニングです。各選手の能力と適性をしっかりと把握しつつ適切なポジションに配置することは、サッカーの試合で勝つためには非常に大切になります。

 

基本的には、フォワード(FW)、ミッドフィールダー(MF)、ディフェンダー(DF)の各ポジションの中心選手をしっかりと決めてフォーメーションを組むことが重要になります。

 

またMFであってもDFの役割をするボランチや、DFでも積極的に攻撃に参加するオーバーラップ型DFなど、ポジションにとらわれないプレイを重視すると選手の選択の自由度が増し、様々なシステムの対応できるチーム作りが可能になります。

 

最近はかつてFWを2人または3人とするシステムよりもFWを1人にしてMFを多く配置して、攻守の切り替えに対応できるフォーメーションを組む傾向が強いと言えます。そのため選手は従来よりも試合中に走る距離が長くなっていることから、基本的なスタミナをしっかりと養成する必要があります。