フォーメーション

サッカーのフォーメーション11人について

サッカーの試合は11人対11人だということは、ほとんどの人が理解していることです。そして、後ろからゴールキーパー、ディフェンス、ミッドフィルダー、フォワードの順でフォーメーションが構成されることも一般的です。

 

しかし、そのフォーメーションを構成するディフェンスやミッドフィルダーの人数は特に決まっていません。主にこのように配置をすると効率よく攻撃もできて、守備もできていろんな場面に対応できる、後ろから4ー4ー2や3ー4ー3などが一般的です。

 

まだルールが現代のサッカーのように確立していないような時代には、ディフェンスが1人残り9人がフォワードといった超攻撃的なものもあったようです。現代でも退場者がでるのと、フォワードをなくしてディフェンスに選手を回す場合もあります。

 

このようにフォーメーションの移り変わりに注目することによって、守備の大切さを感じることができ、さらにサッカーの試合においての1点の重みがわかります。

 

メディアなどでは点を取った場面や選手が取り上げられますが、それらを防ぐあまり日の目を見ない選手に注目すると、さらにサッカーを見ることが楽しくなるでしょう。