キーパー

サッカーのシステムによって変わるキーパーの役割

近年のサッカーでは、以前よりも戦術が高度になり、システムについてもより細分化・複雑化か進み、多くのチームが試合に勝つために独創的な戦術を編み出すようになってきています。

 

そんな高度な近代サッカーのシステムでは、かつては守備の専門家とみなされていたキーパーも攻撃や守備における重要な役割が与えられるようになっており、単純にゴールに向かって飛んで来るシュートを防ぐ以上の役割が求められるようになっています。

 

例えば全体のラインをコンパクトに保ちながらプレッシングサッカーやショートパスサッカーを展開する戦術を採用しているチームでは、キーパーもフィールドプレイヤーと同様にラインの読みとパスセンスが問われますし、ディフェンスラインを押し上げた際にはラインの裏のスペースをカバーする役割も求められます。

 

ディフェンスラインの裏のスペースをカバーするためには、時としてペナルティエリア外でボールを処理しなければならないので、足技も求められることとなります。