流動的

サッカーではフォーメーションよりも流動的な動きが必要

サッカーが好きな人には、話をする時に一つの話題になる単語があります。それがフォーメーションという言葉です。この言葉は、ワールドカップが始まるような時であったり、日本代表が話題になる時には必ずと言っていいほど上がってくる単語です。

 

そもそもサッカーにおいてフォーメーションとは、選手の配置をバランスよくすることで、責める時にも、守る時にも穴をなくして行動できるように考えて配置されたもので、色々なものが考え出されては、それを攻略する方法が考えられるといった形で進化してきました。

 

しかし、現代サッカーにおいては、このフォーメーションだけに固執しているような選手だけのチームはなかなか勝つことができません。基本的なシステムは決まっていても色んな選手が様々な役割をこなして、流動的に動くことが最も必要な事になってきているからです。

 

基本のシステムがあっての、変化を沢山もたらすことのできるチームこそ、洗練されて良いチーム、強いチームになるのです。