守備

サッカーの4-1-4-1システム守備的MFの役割

現代サッカーで守備的なシステムの代表は4-1-4-1と呼ばれるフォーメーションがあります。その特徴はワントップのFWの後ろにMFを4人並列に並べ中盤の底にアンカーまたはスィーパーと呼ばれる守備的役割を果たす選手を置くことです。

 

ただし、ピッチの配置上、縦長になりがちではあるが、センターバックが押しあがることでチーム全体をコンパクトに保つことが出来ます。基本的にはゾーンをひいてサイドバックの選手が上がった時にはマンツーマンで対応します。

 

ここで重要となるのがアンカーの役割であり、中盤と守備陣とが間延びしがちな布陣においてバイタルエリアをアンカーで対応します。アンカーにはカバーリングや全体を見渡す視野、さらには高い持久力が求められます。

 

ヨーロッパサッカーの最高峰チャンピオンズリーグではポルトガルのFCポルトがこのシステムで2004年に優勝しています。また、ギリシア代表やチェコ代表、トルコ代表もこのシステムを採用しています。