ディフェンス

サッカーにおけるディフェンスとシステムの意識の変化とは

サッカーにおけるディフェンスの考え方は年々変わってきました。ディフェンダーがボールをカットし、ミッドフィルダーが相手のゴール前までボールを運び、決定力のあるフォワードがボールを押し込むというようにポジションごとの選手の役割が固定されていた頃は、特定の選手の動きを抑える方法が主流でした。

 

しかし時とともに選手の技術が向上するにつれ、パスワークでディフェンダー陣を翻弄する選手が次々と登場し、特定の選手に付きっきりでは守り切れないケースが増えました。

 

そのため選手にはポジションごとに求められる役割をこなすだけではなく、相手チームの選手が有利に動こうとしている場所をポジションに関係なく複数人で封殺するという意識が必要になってきたのです。

 

最近では、普段は5バックで守りつつチャンスには両サイドの選手が積極的に前に行って3バックで守るなど、試合中にフォーメーションシステムを次々と変化させて試合状況に対応したディフェンス方法をとるチームも増えています。サッカーにおけるディフェンスの意識は今後さらに進化していくでしょう。