戦術

欧州サッカーといえばスポーツブックメーカー

欧州のサッカーファンは、レベルの高いゲームにプラスして、スポーツブックメーカーも同時に楽しんでいます。人気の高い「プレミアリーグ」や「リーガ・エスパニョーラ」、「ブンデスリーガ」「セリエA」のリーグ戦やカップ戦、欧州最高舞台のCLとELも各スポーツブックメーカー会社のオッズがあります。

サッカー

ゲームの勝敗を予想して、「勝ちクラブ」を選ぶか。もしくは「引き分け」を選びます。そして、希望の金額を賭けて、当たった場合は倍率に応じた金額が払い戻しされます。多くのスポーツブックメーカーは日本語に対応しているので安心です。

スポーツくじtotoは違い、1試合ごとに賭けられるので、運任せではありません。自信がある試合だけ、好きなクラブのゲームだけに賭けることも可能です。レアル・マドリードやFCバルセロナのような強豪クラブが下位クラブと対戦する場合、上位クラブが負けた場合、高配当が期待できます。

手堅く上位クラブに賭けるのか、それとも下位クラブか、ホームやアウェイも考えて勝敗予想するのがスポーツブックメーカーの面白さです。また、先発メンバーの予想と、過去の対戦成績も大切なデータになります。

戦術があってシステムがあるサッカー

システムばかりが先行して戦術として語られている日本サッカーです。しかし実は逆であり、戦術があるからこそシステムをそれに合わせるのがサッカーです。

たとえば守ってカウンターを仕掛ける戦術をするとしたら、失点をしないことを考えなければ成り立ちません。失点をしてしまえば、それを取り返すために前に出なければいけなくなります。

サッカーボール

まずは失点をしないためにディフェンスを固めるシステムをとり、そして足の速い選手を前線に配置するというのがタクティクスです。また在籍している選手に合わせたタクティクスを構成しなければなりません。

美しく見ている者を飽きさせないパスサッカーに憧れる人たちが多いですが、技術力がなければ成り立ちませんので、すべてのクラブチームができるものではありません。

自分たちにあったサッカーをしなければ勝つことは不可能です。このクラブはどんなタクティクスを用いれば勝利できるのか?それを考えるのもこのスポーツの醍醐味です。


コンパクトにするサッカーのシステムとは

サッカー解説者が良く口にする言葉として「もっとコンパクトに」がありますが、これはどのような意味を指すのかというとそのままです。

サッカーのシステムにおいて間延びというのは致命的な戦術になることがあります。間延びというのは、選手間に空間ができてしまうことです。サッカーは大きくわけてFWとMFそしてDFと別れています。その間が空いてしまうのが間延びです。それを防がなければならなくなることがあります。

コンパクトにすることで、その間延びを防ぎ、狭いゾーンのなかで試合を進めることができます。このようなことが必要になるのは、激しいプレスをするチームであり、奪われたボールを早めに取り返すために必要な戦術になります。

選手間を埋めるために常に動き回らないといけませんし、ボールに関与しない動きと戦術眼が求められます。選手は運動量と状況判断が必要になりますので、サッカー解説者が口にするほど、選手にとってみればそう簡単な動きではありません。


ビットコインがブックメーカーで使える

bitコイン

仮想通貨ビットコインがブックメーカーで使用できるようになりました。またまだ対応しているブックメーカーは多くはありませんが、増加していくことでしょう。

ビットコインをブックメーカーで使うメリットは、

  • 海外口座の開設をしなくてもよい
  • 入出金のスピード短縮
  • 個人の匿名性が高い
  • 為替の影響が減少
  • 高配当が望める
  • 手数料が安い

以上がビットコインを使用した場合のメリットとなります。